『プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス展』|神戸プラザホテル

最新情報
観光・イベント
2015年5月3日

『プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス展』

カットとエングレーヴィングによって、水晶のように耀くボヘミアン・グラス。
13世紀頃に始まるガラス製造は、1670―80年代、透明度が高く、光との共鳴が美しいカリ・クリスタルの開発によって興隆し、18世紀には、ヴェネチアン・グラスが流行するヨーロッパのガラス市場を席巻する勢いとなりました。19世紀に様々な着色・絵付け法が開発されると、モノクロームの美は一転、色彩豊かに変貌します。
また20世紀には世界に君臨する「ガラス彫刻」を築き上げ、今もなお発展し続けています。
本展は、現在のチェコ共和国周辺に花開いたボヘミアン・グラスの変遷を、15世紀から現代にいたるプラハ国立美術工芸博物館の収蔵品170件でご紹介するものです。
静謐に、雄弁に、ダイナミックに、時を追うごとに多彩な表情をみせる造形美をお楽しみください。

【期 間】  2015年6月6日(土)~8月30日(日)
【会 場】  神戸市立博物館
【開館時間】 午前10時~午後17時(土曜日は午後7時まで)
        入場は閉館30分前まで
【休館日】  月曜日(ただし、7月20日(月・祝日)は開館)
       7月21日(火)
【入館料】  一般1300円 高校・大学生900円
       小・中学生500円
★ホテルから神戸市立博物館へは徒歩約10分です。
★詳しくはこちらをご覧ください。
【神戸市立博物館HP】

期間
2015年6月6日(土)~8月30日(日)

過去のニュース

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031